ものくろちゃんねる

空き時間に手軽に読める2chまとめです

    雑学

    1: 金吾中納言 ★ 投稿日:2015/05/25(月) 20:48:03.12
    スニーカーにひもを通していて、一番上の穴が二つあるのに気づいたことはありませんか? 
    普通に使うには狭すぎる間隔で「いったい何のためにあるの」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。
    この穴にはちゃんとした使い方があります。日本を代表するシューズメーカーのひとつ、「アシックス」に聞きました。


    ランニングシューズの中には、一番上に二つ穴がついたものがあります。この使い方について、アシックスの
    ホームページでは「2段ハトメのシューレーシング」(ハトメ=ひもを通す穴)として紹介しています。手順は以下の通りです。

    (1)一番上の一つ目の穴までひもを通し、下から上に出す
    (2)ひもをそのまますぐ隣の追加の穴に上から下に通し、小さな輪をつくる
    (3)もう片方も同じように輪をつくったうえで、小さな輪の中に反対側のひもを内側から外側に通す
    (4)ひもをキュッと締めた後、通常通り真ん中で結ぶ


     この結び方をすることで、よりタイトなフィット感と高いひもじめ効果が得られるそうです。
    「実用新案」として登録

     実はこのアイデア、アシックスが1980年に「実用新案」として出願し、その後に登録されたそうです。


     実用新案とは、物品の形状、構造又は組合せに関するアイデアのこと。ちなみに、この登録によって保護される
    権利はすでに期間終了しているそうです。

     アシックスの広報担当者は「当社の直営店ではシューズのフィッティングをして、かかとが浮くような感覚がある方、
    足幅が細い方、甲が低い方にこの結び方をおすすめしています」と話します。


    9039b163-l

    http://withnews.jp/article/f0150522000qq000000000000000W00o1101qq000012013A

    【いったい何のために?スニーカー「2つの穴」の正しい使い方】の続きを読む

    136901080880413130461


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/23(土)21:24:05 ID:YJV
     今回のネタは戦国時代末期から江戸時代初期にかけて活躍した
    医師曲直瀬玄朔(まなせげんさく)が記した「医学天正記」という史料です。
    中国医学をベースにした玄朔の医術は当時においては勿論現代においても
    評価されるほど優れたものでしたが、その対象は皇族や戦国武将といった著名人から
    名も無い庶民の赤ん坊まで幅広い層に渡っています。
    その中から興味を引いた診察例を幾つか紹介しますが、所詮素人の書いたもの。
    アレな部分もあるかと思いますのでツッコミ上等でお願いします。

    【戦国武将のカルテ (曲直瀬玄朔「医学天正記」より)】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/07(木)02:56:26 ID:6gK
    皆様、これからの季節、レジャーに出かける方は多いかと思います。
    それ故、多くの生き物に出会う機会も増えるでしょう。
    蜂の仲間はスズメバチしかり、危険だと皆様お分かりでしょうが、それ意外の危険な毒を持った生き物を紹介していきたいと思います。
    皆様のご参考になれば幸いです。

    【【必見】これからの季節に注意すべき毒を持った生き物【陸上編】】の続きを読む

    このページのトップヘ